とにかく色々な人に会いに行こう


 大学生の間にしておきたい50の事、最後の項目は「とにかく色々な人に会いに行こう」です。 自分の人生を振り返ってみて、やっておいて良かったこと、そしてもっとしても良かったな、と思うことが、「色々な人に会うこと」です。

 就活で自分の専門とは異なる業界に飛び込んだ経験、HPを運営していた経験や起業した経験、 さらには学生結婚した経験等、自分は大学時代に色々な経験をさせて頂きましたが、 その際に、極力色々な人に会って情報を得るように心がけてきました。 そして、会った人から頂いた貴重なアドバイスは必ず実行するように心掛けていました。

 このとにかく色々な人に会いに行く、という習慣は、色々と苦労した大学時代の自分の身を大いに助けてくれました。 人が行動をするときに受ける情報、影響力の強さは、

インターネット<<本<<<<<<人

であると、私は考えています。

 何をしたら良いのか分からない、何か焦燥感を抱いている、このままでよいのか分からずにもやもやしている。 大学生として、至って普通の感情です。この時、自分の背中を押してくれるのは、 会ってみた人の何気ない、些細な一言でだったりします。

 自分は大学生の一番の特権は、誰にでも会いに行けるフットワークの軽さだと思います。 SNS等を活用して話を聞かせてくださいと大学生の方に言われて、嫌な思いをする社会人は、 そう多くないと思います。(当然皆様お忙しいので、礼節は必要です)

 この特権を活かして、是非勇気を出して、色々な方にアプローチを取って、 対面でお話をして、色々な気づきを得て欲しいと思います。その気づきは、今後の自分の行動を決める、貴重な一次情報になります。 学生の間に色々な分野の人と話をして、自分なりの一次情報積み上げておくこと。これが私からの最後の学生の皆様に対するアドバイスです。

 ここまで、50の学生の皆様に対するアドバイスをまとめてきました。 ここに書いていたことを自分が学生時代に実行できていたかというと、全くそんなことはありません。 しかし、社会人経験を積み、改めて自分の学生時代を振り返ってみて、是非学生さんに伝えておきたいことをまとめてみたつもりです。

 もし今までの情報が役に立ったら、是非他の学生の皆様にもシェアしてください。 皆様が楽しい、充実した学生生活を送られて、どこかで一緒に仕事ができる日が来るのを楽しみにしています。 私に会いたいと思った学生の方は、遠慮なくコンタクトを取ってきてくださいね。

 元気な学生の方にお会いできるのも楽しみにしています。

大学生の間にしておきたい50のこと