フリーランスの働き方を大学生のうちに体験しよう


 大学生の間に経験してほしいことの一つが、フリーランスとしてお金を稼ぐことです。 you tube,HP,ブログ,投資,手段は何でも良いので、アルバイトとは別の軸でお金を稼ぐ体験をして欲しいと思います。

 今、副業規制を撤廃する会社が増えていますが、働き方改革などで今後も個人の裁量時間が増えることや、 ニーズの細分化に合わせたニッチサービスの需要が増すことなどから、 この流れは続くと自分は考えています。

 そして、インターネットを介してお金を稼ぐためのプラットフォームはどんどん整備されています。 個人での情報発信にアフィリエイトを付けたり、クラウドワークス等を通じて仕事を見つけてきたり、 少しググれば手段に対する情報はいくらでも出てきます。 (ネットワークビジネスは止めておきましょう。この年になると色々な人を見てきましたが、 お金より大事な友人を無くしてしまう、残念な人しか見たことがありません)

 個人的には、仕事は一人よりたくさんの人で取り組むほうが楽しいと思うのですが、 子どもが病気になったり、介護問題で地元に帰らなくてはいけなくなったり、 将来何が起こるかわからない上で自分の働き方でも柔軟性を持たせておくことは、 主体的に人生を楽しむための予防線にもなります。

 自分は学生時代に複数のHPを運用して、そこそこの小銭を稼いでいました。 今は完全なサラリーマンとして家族を養っていますが、 この会社をクビになっても食いっぱぐれることは無いだろう、という感覚は、 仕事をする上でも非常に役立っています。 (仕事をする自分を客観的に見ることも出来ます)

 最初は小銭かも知れませんが、 自分のスキルや情報をインターネットを使って提供するだけで、 学生であってもお金を稼ぐことはできると思います。 その体験を通じて、逆に安定的な給与を支払える会社という驚異的な仕組みについて考えてみたり、 インターネット上の情報がいかに恣意的に作りこまれているかを学んでみたりと、 様々なことが学べると自分は考えています。

 なお、昔と異なり誰でも手軽に情報発信ができるようになった今、 お金儲けをターゲットした安っぽいコンテンツではなく、 本当に良い情報をインターネットに上手く乗せることが、 収益を得るためのポイントなのかな、と考えたりしています。 (今が転換期でしょうね。このサイトも実験の一部であったりします)

 アイデアが無くてもまずは是非挑戦してみてください。 やってみる中で、自分の向き不向きが見つかるかもしれませんし、 自分の手でお金を稼ぐ事に挑戦するだけでも、きっと楽しいと思います。 ただ、はまりすぎて学業がおろそかにならないようにはしてくださいね。 (この分野で将来家族を養えるだけの稼ぎを得るためには、相当なセンスが必要だと思います)

大学生の間にしておきたい50のこと