投資対効果抜群の本を読む利点を理解しよう


 大学生はとにかく狂うくらい本を読みましょう。 一般書、ビジネス書、専門書、小説、雑誌、漫画、写真集、ジャンルは問いません。 今あなたが本が好きか嫌いかは関係なく、卒業するまでに500冊は読みましょう。

 自分は元々生まれ変わったら紀伊國屋書店になりたいくらい本が好きだったのですが、 社会人になって仕事をするようになり、本を読み続けてきた効用を身を染みて感じております。 人の深みは「読んだ本」と「会った人の数」に比例すると、自分は考えています。

 ここでは投資対効果抜群の本を読む利点をまとめました。 今まであまり本を読んで来なかった大学生の方はこれを機に読書習慣をつけて欲しいですし、 今まで本を読んできた大学生の方はさらに読書を加速させて、 是非私に面白かった本を紹介して頂きたいと思います。

 私が考える読書の利点は、2つあります。

 1つ目は『知見の伝承』です。 著者が人生の中で感じた様々な想い、考えを何度も何度も発散、収束を繰り返し、 そのエッセンスを濃縮した「知恵の結晶」を伝承するための存在、それが本です。 この「知見」を伝承しようとする行動は、人間が人間たる理由で実に尊いです。

 自身がその知見に達するまで必要な労力をあんなに安い値段で手に入れることが出来るのは、 現代社会に生まれた一番の恩恵かもしれません。 この知恵に関する社会インフラを作り上げた出版業界にも拍手しましょう。 (インターネットの世界も素晴らしいですが、編集者による校閲が入っていない分、 まだ「知見」ではなく「情報」レベルです。それでもこの世界を作ったGoogleは凄いですが)

 残念ながら、本を読む行為とその知見を自分のものにするには大きな壁が有り、 知識を体験と組み合わせて自分の知見に落とし込む必要がありますが、 それでもゼロから知見に落とし込むよりずっとずっと効率的です。

 色々な世界の知見を自分の体験と組み合わせて自己を作り上げる。 そのサイクルを回すのに本は最適なツールです。 本に尊さを持って接し、先人の知見を自己の知見に伝承していきましょう。

 2つ目の利点は『各種思考力の向上』です。 本は脳トレに最適なツールでもあります。 文字を読んで内容を理解する行為の中には、 脳が「具体化⇔抽象化」を行き来するという行為が含まれます。

 この「発散⇔収束」「マクロ⇔ミクロ」「抽象化⇔具体化」を行き来する力は仕事や私生活において非常に重要な力です。 頭が良い人、面白い人、気の利く人、コミュニケーション能力の高い人、リーダシップがある人。 これらの人に共通することの一つが「相手の立場に立って物事を考えられる人」であり、 「自分の枠組み」から「相手の枠組み」まで思考を広げられる人です。 これはそのまま、自己や相手の具体的な考えを抽象化し、共通認識を作れる人とも言えます。

 文字を読み、その意味を考えることは、この思考のプロセスを自然に行えるようになるための、 非常に良質なトレーニングツールになります。 知見を得るためのヒントなら、読みやすいなビジネス書でも良いですが、 是非頭を鍛えるという観点から、少し難しい専門書にも挑戦して欲しいです。 (自分も高校時代に読み解いたデカルトの『方法序説』等が色濃く残っています)

 この2つの利点を1000円ちょっとで得られる本は、お金のない大学生にとって、非常に有り難いです。 また、読んだ本を体験に落とす時間を有しているのも、社会人にはない利点です。

 本は図書館で借りるのではなく、是非実物を購入してください。 過去の名著なら中古市場に出回っていることも多いです。 最新の事例等は、社会人になってお金を稼いでからで良いです (就活の際には業界の最新動向が分かる一冊くらいは読んでおいて欲しいですが)。

 また、今ではKindleで本を少し安くで買えたりもしますが、 俯瞰のしやすさや、将来の子どもへの資産化も考え、実物で買うことをおすすめします。

 自分は学生時代に読んだ本を引っ越しに合わせて500冊全てをデータ化してしまい、 かなり後悔しています。(特に名著系…。漫画はデータ化しても良いかも知れません)

 下宿先、実家、どちらでも良いですが、大学生の間に壁一面本棚が一杯になるくらいは、 本を読んで下さいね。

 次の項目は、大学生の読書戦略について紹介します。

大学生の間にしておきたい50のこと