手軽で安くから始められる、オンライン英会話に挑戦してみよう


↓スマホ向けはこちらから↓
No.14 オンライン英会話に挑戦してみよう

 対面での英会話教室や、オンラインでの英会話教室、それも色々な会社を試したのですが、 2017年4月現在だと、英語力強化に関しては「DMM.com英会話」の一人勝ちだと思います。

 英語の基礎力を付けるには、TOEICやTOEFL学習を通じて単語・文法・読解力等を身に着けることが必要ですが、 自分の考えを実践的に英語で表現する練習は、1対1で講師と低価格で話せるオンライン英会話が最適です。

 DMM.com英会話の場合、最初にお気に入りの講師を見つけるのに何回か受講する必要があると思いますが、 2週間も試してみたら、自分にあった講師が見つかると思います。

 月5000円前後で毎日30分弱英語を話すことが出来て、 そのコンテンツも市販のテキストに負けず劣らず揃っており、 さらに自分のニーズ(学会発表等)にあった練習も対応してくれるオンライン英会話は、 英語学習を行う学生さんにとって強い味方になること間違いなしです。

 毎日30分を1年間続けることで、おそらく驚くくらい英語に対する抵抗がなくなると思います。 是非上手に活用して、計画的に学習を進めてみてください。

 DMM.com英会話には色々な教材があるのですが、個人的には下記の2つがおすすめです。

@写真描写

 教材の写真を見て英語で説明するレッスンです。英語を話せるようになるための訓練の一つとして、自身の行動や目にしたものを全て英語で説明するナレーション、という練習があるのですが、それの写真版です。

 写真はTOEICの大問@のような感じなのですが、始めはこれが中々難しいです。特にTOEICをきっかけに英語学習を始めた方は、日常の英単語をいかに自分が知らないかを学ぶのに、ピッタリの教材だと思います。

 また、このレッスンを通じてナレーションのコツを掴むと、日常における英語活用の機会も増えると思います。TOEIC学習への効果も高いです。

ADairy News

 DMMのニュースサイトから記事を選び、その記事をベースに色々な事をディスカッションするレッスンです。記事の音読や単語確認の時間は勿体無いので、レッスンの前に記事を一読、単語の確認などは済ませてしまい、Discussionの項目からレッスンをスタートすると効率が良いと思います。

 こちらも最初は自身の専門に近い得意分野から始め、徐々に専門外のテーマに移行していくと、レッスン負荷が高くて良いと思います。こちらはTOEICというより、TOEFLへの学習効果が高いと思います。

 また、レッスン前の自己紹介ですが、毎回行うことをおすすめします。実際に海外の人と話をする上で、最初の自己紹介はかなり大切なので…。いくつか得意のパターン(笑いを取ることも含めて)を準備出来ると良いですね。

 講師については、個人的にはセルビア系の講師が質が高い印象です。お気に入りの講師を10人程度見つけて、その中でレッスンを続けていくのが良いと思います。

 もう一点、PCからの受講だとPCを立ち上げるという一手間がかかり、レッスンを受けるハードルがかなり上がるので、スマホやタブレットでの受講をおすすめします。

大学生の間にしておきたい50のこと